工務店のトラブル

リフォーム工務店の特徴と選び方 口コミを調べてみては

MENU

工務店のトラブル

工務店に家づくりを依頼する際にトラブルが起きないようにするための注意点をご紹介します。

 

まずは詳細が書いてある見積もりを出してもらいましょう。

 

明細とは具体的に、材料の数や1つ1つの単価、作業毎に必要となる経費について書かれている見積りです。

 

総額だけが書かれていても、詳細が分からなければ判断の仕様がないですよね。

 

追加料金を請求されたとしても、本当に最初の見積りに入っていなかったどうかは判断できません。

 

見積りの時点で適当な仕事をする工務店だと、仕事も適当で大雑把になる可能性が高くなるでしょう。

 

仕事には会社全体の考え方や雰囲気が強く反映されます。

 

インターネットで口コミサイトに書かれている情報を読みましょう。

 

工務店とのトラブルが発生した例が数多くあるのは事実です。

 

かなりの値引きする工務店もあるようです。

 

そこまでの値引きが可能なら、最初の見積りは何だったのかと感じますよね。

 

受注するために赤字を承知の上で値引きしているケースもありますが、それはそれで途中で倒産されてもたまりませんよね。

 

家を建てる時にも何かと制限事項が付いてきます。

 

たいていは安全のためのものなので、法令として順守しなければなりません。

 

法令を無視して施工を開始するような工務店は信頼できませんね。

 

消費者側にメリットがあるとしても、工務店側が法令を無視してしまっては意味がありません。

 

結果として、消費者がかなりの被害を被ることとなるのです。

 

このような法令無視をするような工務店は、利用してはいけません。

 

契約書にサインする前に見極められるだけの知恵をつけておきたいものです。

 

地元での噂や口コミを集めておきましょう。

 

家づくりは、時間もお金もかかる大掛かりな作業です。
どんなに良い工務店に依頼しても、トラブルが全く起こらないとは限りません。
いずれの場合も良い家を建てようとすることから、トラブルになるケースもあると理解しておきましょう。
なるべくトラブルを防ぐためには、注意しておきたいポイントがあります。
第一に、詳細な見積もりをもらっておくこと。
第二に、その工務店の雰囲気をよく把握しておくことです。
見積もりの明細には、材料や作業内容の細かい単価などが書かれています。
じっくり見ても、素人にはよくわからない部分があるかもしれません。
しかしわからないからといってもらわないでおくのは、よくありません。
後で何か問題が起きたときに、証拠となる明細があるのとないのとでは大違いだからです。
悪質な工務店になると、単価や数量をごまかして発注することもあります。
そんなときにも、後で専門家が見ておかしな点があるとわかる明細があれば証拠になります。
最初に見積もりをきちんと出してくれない工務店も、作業に甘い点があるのではないかと懸念されます。
逆に、大きな値引きをしてくれる工務店も心配な場合があります。
値引きするほど仕事を取りたい事情があると、予測できるからです。
工事にとりかかった途端、工務店が倒産したなどということになったらしゃれになりません。
結局は、常識的な仕事をしてくれる工務店が無難ということになりますね。