工務店と社員

リフォーム工務店の特徴と選び方 口コミを調べてみては

MENU

工務店と社員

工務店選びでは、接客してくれる営業担当者やその他社員、社長の人柄も影響してきます。

 

積極的に話をする社員もいますが、中には接客対応が悪かったり、印象の悪い社員もいるでしょう。

 

比較的小規模であることの多い工務店では、社長自身も営業を担当している場合もあります。

 

丁寧な仕事ぶりや誠実さで、工務店の評判をあげたいという方が多いはずです。

 

手抜き工事や接客の悪さといった情報はすぐに広まり、集客に影響します。

 

なので、それだけ接客もきちんとしてくれるでしょう。

 

どんな営業マンがいいかは皆さんだいたい同じですよね。

 

依頼主の要望は無視で、担当の物件の販売ばかり押しつけてくるようであれば問題外です。

 

口コミサイトなどで、評判の良かった工務店をリサーチしてみましょう。

 

評価が良かった工務店の詳細がわかります。

 

口コミサイトで具体的な会社名を知ることができたとしても、
まずはリサーチ段階なので依頼を焦らず、あくまでも参考情報として知っておきましょう。

 

大手ハウスメーカーであれば、
全国展開していて利用することもあるかもしれませんので、
依頼する時の判断材料となります。

 

工務店を選ぶポイントとして、
社員の対応を判断材料にしても間違いではありません。

 

また、家を建てた後もメンテナンスの依頼などで関わることも考慮しなければなりません。

 

価格の安さだけで決めるのは心配です。

 

家を建てた後、子どもが産まれたりなどで家族構成が変わることも考えられます。

 

リフォームを検討する時期もやってくるでしょう。

 

後々のことを考えても気軽に相談できる工務店を選びたいですね。

 

その頃には一営業マンが中堅社員になっていたり、
もしかしたら社長にまでなっている可能性もありますね。

 

 

 

工務店には大小いろいろあり、
小さな工務店では社長が営業を担当していることもあります。
規模が小さくても、営業担当と工事担当の意思の疎通が上手くいっていない工務店もあります。

 

良い工務店選びをするには、
しっかり話し合いをするのが不可欠と思っておきましょう。

 

地域に密着した工務店ほど、悪い評判が立たないようにきちんとした仕事をしているはずです。

 

最近では営業担当と工事担当の意思の疎通についても評判になりやすいので、
注意している工務店が多いでしょう。

 

そのあたりに問題点が出てくる工務店は、問題外と思って選ばないのが無難です。
口コミサイトではどのような工務店に良い評判が集まっているのかというと、
やはり人の良さで違いが出てくるようです。

 

営業担当のフォローがよくて満足できたという口コミも、見受けられます。
工事の内容にばかり目を向けてしまいそうになる工務店の評価ですが、
その工事をしているのは人です。

 

結局はいい人の集団がより良い工務店として高い評価を得やすいので、
ちょっとくらい対応が悪くてもいい家を作ってくれそうだからという妥協はおすすめできません。

 

家を建てた後には、メンテナンスが必要になることもあります。
そんなとき修理を担当してくれる工務店とは、長いつきあいになるかもしれません。

 

最初に営業マンとして会った人が、
次には役職が上がっていて融通がきく関係になることもありますよ。

工務店での職人の経験

工務店というと、気難しい大工さんがやってくることを想像する人も多いのではないでしょうか。
最近ではシステマティックに仕事を進める工務店も増えてきており、頑固なだけの大工さんというイメージは薄くなっています。
しかし実際に作業をするのは、大工さん。
昔気質の仕事をしてくれるからこそ、良質な家が仕上がることも多いのです。
とはいえ、工法については近代的な手法を取り入れる工務店も増えています。
今万での知識や技術を活かしながら、新しい方法にも挑戦しているのです。
建てたい家は人それぞれでしょうから、その内容に合わせた工法を適用させることは大切です。
最新のデザインの家には、古風な家づくりの方法が合わないこともあります。
そんなとき、臨機応変に対応できる工務店なら最高ですね。
小さな工務店では、耐震性などが心配と懸念する人もいるかもしれません。
しかしその点は、工務店の実績にもよります。
ハウスメーカーの中にも、地元の工務店と提携して工事を下請けに出していることがあります。
その場合、ハウスメーカー独自の技術がその工務店に備わっている可能性があるのです。
やはり、実績を知って工務店を選ぶことは大きな意味があるのですね。
口コミサイトの中には、こんな工務店は最低だというように書かれている意見もあります。
しかしもしも惹かれる点があれば、直接工務店に連絡して話し合いの場を持ってみることをおすすめします。