工務店と保証

リフォーム工務店の特徴と選び方 口コミを調べてみては

MENU

工務店と保証

住宅は何十年もの長い年月住み続けるので、必ず痛みが発生します。

 

なので、工務店の保証をどこまでやってくれるのかを確認しておくことも大切になります。

 

もちろん、地元の工務店の場合は、何十年もの保証を確約してくれるはずはありません。

 

保障の点からすれば大手ハウスメーカーの保証はかなり厚いでしょう。

 

20年や30年といった長期の保証が主流となりつつあるからです。

 

一条工務店という工務店での保障は、30年というかなりの長期保証です。

 

長期保証を実現させるためには定期的なメンテナンスを行う必要があります。

 

定期的に自分でも家のチェックをし、痛みや改修箇所を見つけたなら、すぐに連絡しましょう。

 

放置しておくのはいけません。
傷みは広がっていくばかりですよ。

 

近年では、耐久性と耐震性能が最重要項目と考えられています。

 

メンテナンスにおける情報は、絶対に次の担当者へ引き継いでおかなければならないのです。

 

しかし大手ハウスメーカーでは担当者が変更となるケースが多く、工務店では担当者が長く同じであることがメリットとなります。

 

担当者が退職しなければ引き継ぎも必要とならないでしょう。

 

その他にも、第三者機関が建築物の保証を肩代わりしてくれるサービスもあります。

 

工務店が倒産しても安心なので、保証制度の利用も検討してみましょう。

 

小規模の工務店では、施工完了前に倒産してしまうケースもあります。

 

利用できる保証については、検討しておきましょう。

 

利用するべきでない工務店についても口コミサイトで調べることが可能です。

 

知人や近所の人の体験談や口コミも役に立つでしょう。

 

家が出来上がるのを、安心して待ちたいものですね。

 

 

大手のハウスメーカーでは、住宅の保証を長期的にしてくれる場合が多いものです。
20年や30年保証してくれるなら、家を建てた途端にリフォームの心配をするようなこともありません。
その点、工務店は大手のハウスメーカーほど長期的な保証はしてくれません。
しかし、しっかりした工務店を選べば、証書的な保証がなくとも長く住み続けられる家を建ててくれることでしょう。
一条工務店などは、30年の長期保証をしてくれます。
ただし、長期的な保証をするには、定期メンテナンスが必須です。
そこにお金がかかるようでは、デメリットに感じる人も多いのではないでしょうか。
メンテナンスのチェックは、自分でも行えます。
自分の家を使いながらこまめにチェックしておけば、大きな傷みが出る前に修理を施すことができるでしょう。
そのほうが費用もかからず、家にもダメージが残りません。
工務店のメリットは、大手ハウスメーカーのように頻繁に担当者が変わることがあまりないという点です。
同じ担当者に問題点を相談できるのは、心強いですよね。
最近では、第三者の機関が家の保証をしてくれることもあります。
こうした保証制度を利用すれば、安心して工務店を利用できるのではないでしょうか。
工務店の経営難なども保証制度で賄われることがありますので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。