サービス名 動画
フロア名 ビデオ
カテゴリ名 ビデオ (動画)
タイトル
【VR】絶望監禁 平穏な日常をノリノリで壊されたボク 稲場るか
収録時間:97分
【VR】絶望監禁 平穏な日常をノリノリで壊されたボク 稲場るか
商品詳細
配信開始日:2020/08/31
商品発売日:2020/08/31
収録時間:97分
メーカー名:KMPVR-彩-
出演者:稲場るか
監督名:味噌煮KOMI
レーベル名:KMPVR-彩-
ジャンル名:単体作品,ハイクオリティVR,VR専用,独占配信,痴女,ノーブラ,美少女,中出し,巨乳
レビュー数:6
レビュー平均点:5.00
配信価格
HD : 911円
DOWNLOAD : 698円
STREAM : 998円
説明文
こんな私を…愛してくれますよね?絶対に容赦ナシ!!カラダの髄までジワジワ喰い尽くされる最恐搾取!!『刺激的×猟奇的』に繰り広げられる、ず~っと頭のオカシイ暴走性交!!お願いします!!もう助けてくださいってばぁ!!…どうあがいても止まらない『狂気』の同棲体験。※当作品は【4K】【60fps】で撮影された超高画質仕様になります。
サンプル画像
サンプル画像-1
サンプル画像-2
サンプル画像-3
サンプル画像-4
サンプル画像-5
サンプル画像-6
サンプル画像-7
サンプル画像-8
サンプル画像-9
サンプル画像-10
サンプル画像-11
サンプル画像-12
サンプル画像-13
サンプル画像-14
サンプル画像-15
サンプル画像-16
サンプル画像-17
サンプル画像-18
ユーザーレビュー


★★★★★ 稲場るかの演技が覚醒、ドキドキハラハラの展開!


まず最初に言いたいのは「あれ? ばーるかってこんなに演技うまかったっけ?」という部分。
これまでの作品でいろんな役柄を演じてきた彼女だけど、そこまで演技力がスポットを浴びた印象はない。
もちろん下手ではないんだけど、どちらかというと肉体の強さに目が行っていたのは事実。
でも、この作品でその印象がガラッと変わってしまった。
マジで狂気が見え隠れするほどの情念を感じさせる。
目力もすごくて、今までのポワンとしたイメージではなく、なにか研ぎ澄まされた何かをその奥に感じた。
だからこそ可愛いんだけど、怖さのドキドキをはらんだ展開となっている。
一人で演技をしないといけないVRでこの表現力は正直、驚いた。
もちろん凶器のような肉体も健在で、暴走した感情を併せて迫ってくる。
なんというか・・・ばーるかの肉体に溺れながらも頭の片隅だけは妙に冷静で、少し恐怖を感じているから冷めているみたいな感覚というか。。
とにかくこれまでの稲場るか作品では味わえない感覚になることは間違いない。


★★★★★ メンヘラるかちゃん!


別名、メンヘラるかちゃん。
メンヘラということで、かなりの重さの愛を味わえます。
恐らく今までの稲場るかさんのVR作品の中で1番「好き」や「愛してる」などの愛情表現の言葉を聞けると思います。
冒頭から如何に作中の「るか」が僕(先生)を愛してるかを伝えてくれ、僕が彼女と付き合う気がないと分かった途端の、それまでと一転しての狂気じみた振る舞い。
演技の振れ幅がお見事です、それのおかげで作品にものすごく没入できます。
大事な絡みシーンは、少し射精管理要素もあり楽に射精はさせてもらえませんが、それも愛故と思えば!
されるがままなので、対面座位・背面座位・騎乗位ですが、騎乗位は最早スタンダード化してきた天井特化です!流石るかさん、焦らしと攻めの腰の動きの抑揚が素晴らしいので暴発しても仕方ない。
メンヘラるかちゃんが凄まじく、作品への没入度がとても高いすごい作品です。


★★★★★ 歪んだ愛情の迫ってくる恐怖が夏の熱帯夜を涼しくする


夏と言えば怪談だが、この作品も背筋が少し寒くなる
世にも奇妙な物語的な空気感
最初はイチャラブものかと思ったが、ある出来事を境に稲場るかが急変する
この急変っぷりが凄まじい
正直、これまで稲場るか=演技上手いという概念を持っているファンは多くなかったはず
もちろん私もそうだった
だからこそ面食らったし、心底肝が冷えた
人間、想定外な出来事が起きると脳がバグるというが
このバグを作品の冒頭で食らうと作品が終わるまで心臓の鼓動は早いまま
ずっと彼女のペースで進行する、生殺与奪の権利を握られているようでなんとも落ち着かない
それでも一方的な愛情でサービスしてくれる彼女の色香に負けてしまう
彼女から情熱的に求めて来るが、こちらが掌の上で遊ばれているような感覚
ずっとフワフワした非現実的な感覚で、緊張と不安が消えない状態
でも、目の前には酒池肉林が広がっている
心とは真逆の反応をする自分の体
普通の作品とは一線を画す怪作だ
ちょっと寝苦しい夜に体感温度を下げるならこの作品はピッタリだろう


★★★★★ いろんな意味で大迫力なばーるか、大絶賛!


これはすごい、語彙力がなくなるくらいすごい!
先生を愛してしまった女子生徒を演じるばーるか
本来であればイチャラブ的な前フリ
儚い恋やらエッチな課外授業やら
しかし、気が付いたら発狂、拘束、監禁!
自分との将来を語りながら世話をしてくれるばーるか
こちらの言葉は届かない恐怖と、溢れる愛情で性的奉仕される快感!
張りのある肉感的なボディを惜しげもなく押し付けて来る彼女
中でも自ら跨って腰を振る姿はエロく、そして少し怖い・・・
圧倒的な迫力に、観終わった後思わず「すごかった」と声が漏れてしまった


★★★★★ 必見、稲場るかの暴走!


いつもはフワフワっと元気なるかちゃんが、サイコパスな役柄に挑戦している今作
なにがすごいかって言うと、自分のことを本気で好きになってくれているけども、そこに圧倒的な恐怖を感じるところ(笑)
何を言っているのかわからねーと思うが、愛情って一定量を超えると毒なんだと実感できる作品ですw
しかし、ここまでぶっ壊れた姿が見れるなんて思ってもなかった
それくらいこの作品で見せる演技には驚かされました
もちろん怖いだけじゃないです
その肉圧高めの肉体でめちゃくちゃご奉仕してくれます
監禁しちゃうくらい好きな相手ですから、るかちゃんのご奉仕も全力です
なかでも騎乗位の迫力が素晴らしい
自分の感情を全部ぶつけるようなダイナミックな騎乗位にはゾクゾクしました
久しぶりになんかすごいもの見たな、という感想を抱いた作品です
とにかくすごいです、多分伝わらないからドントシンク、フィールですね

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事